AISA IJIRI  -TIPA Artistic Director-

Piano

After her acclaimed debut at the Tokyo Opera City in 2010 to the Carnegie Hall, New York in 2017, Aisa Ijiri has established herself as one of the award-winning pianists of her generation, and has been described : A special talent whose European sophistication, fierce passion and poetic sentiment create an artistic atmosphere- The Record Geijutsu, Tokyo.

 

Born in Japan, Aisa made her European debut at the age of 15 as a concerto soloist with the Capella Cracovienses Symphony Orchestra at the Philharmonic Hall, Warsaw and as a recitalist at the Konserthuset, Stockholm. Since then her performances have taken her to the U.S.A, the U.K, Korea, China and throughout Europe.

 

Aisa has given regular piano solo, chamber music recitals and concerto performances at many prestigious venues and international festivals including Kioi Hall (Tokyo), Izumi Hall (Osaka), Wigmore Hall, Cadogan Hall, St.John’s Smith Square, St.George’s Bristol, Fairfield Halls, St.Martin-in-the-Fields, LSO St.Lukes, Wimbledon International Music Festival ’15, Three Choirs Festival ’14, Lichfield Festival ’13 and the International Chopin Piano Festival- Duszniki-Zdrój.

 

40337157_940795442798122_7356023245574766592_n

 

Her concerts have been broadcast on Classic FM, BBC Television 1, BBC Radio 3, Radio Television of Serbia, Radio Beograd and CNN International.

 

Aisa has collaborated with many internationally revered conductors, such as Kentaro Kawase, Ken Hsieh with the Osaka Century Symphony Orchestra, Yasuo Shinozaki with the Orchestra Musica Celeste, Toby Purser with the Orion Orchestra, George Vass with the Bushey Symphony Orchestra, George Benjamin with the GSMD Orchestra and Udo Zwölfer with Salonorchester Alt Wien.

 

Aisa has released her debut CD “Pilgrimage”, piano works by Schumann & Liszt (2011) and “Ailes d’amour”, piano works by Prokofiev (2016) on N.A.T Records. Her live recording of the piano works ‘SAKURA’ and “PRELUDES’ written by Llywelyn ap Myrddin was released on WW Records.

 

In 2016, Aisa was also added to the “SPIRIO”, a new high resolution player piano as a Spirio Recording Artist by Steinway & Sons, New York.

 

She made a sensational debut at the Carnegie Hall, New York in March 2017.

 

Aisa’s passion and dedication for creative projects in art, fashion and culture led her to a unique path. In 2014, she was selected by the European Commission and toured throughout Europe as a representative artist of the UK.

 

Aisa was featured on the many style magazines such as Steinway Magazine, Opinion Leader, We Believe in Beauty, Wannabe, E-Polish and CNN Style. Aisa was given a ‘Prestigious Culture Award’ by the mayor of Shiga Prefecture, Japan as a youngest ever winner. Aisa is a graduate of the Royal College of Music, Stockholm (Bachelor’s Degree), Guildhall School of Music & Drama (Master’s Degree) and the Royal College of Music, London (Artist Diploma).

 

In 2018, she was appointed a RCM Honorary Representative at the Royal College of Music, London. Aisa is an official Steinway Artist, and the Artistic Director of the Tokyo International Piano Association.

 

http://www.aisaijiri.com

 

△An interview with Aisa Ijiri at Steinway Hall, London after her Fairfield Hall Recital on 9th October 2012,  Music – Liszt: Tre sonetti di Petrarca (Années de pèlerinage / Italie), Bach/Liszt : “The Great” Prelude and Fugue in A minor BWV543, de Falla: Fantasia Baetica, Filmed by Emily Taylor / Fabio Guglielmelli, Sound recording by Evert Taihuttu, Edited by Emily Taylor

 


井尻 愛紗  -TIPA 芸術監督-

ピアノ

幼少の頃より、競泳、陸上競技、フィギュアスケート、スキー、絵画、音楽において才能を発揮。14歳で、ワルシャワ・フィルハーモニー・ホールにてCapella Cracoviensis とピアノコンチェルトを共演し、翌年、ストックホルムのコンサートハウスにてリサイタル・デビューを飾った。2004年、日本人として初めてスウェーデン政府より全奨学金を授与され、ストックホルム王立音楽大学を卒業。2005年ギルドホール音楽大学演奏科修士号、2007年英国王立音楽大学アーティスト・ディプロマ(国家演奏家資格)並びに、最優秀賞を取得。2009年、滋賀県文化奨励賞を受賞。

 

2010年、スタインウェイ・アーティスト認定。同年、東京オペラシティーにてデビューリサイタルを開催、” 感受性に満ちた鮮明な演奏、優れた創造力を持つアーティスト” と絶賛された。

 

これまでに、世界一流の国際音楽祭やコンサートホールより招待を受け、ウィンブルドン国際音楽祭、Three Choirs Festival、Lichfield Festival、Abbotsholme Arts Society、バース国際音楽祭、リーズ国際コンサートシーズン、ショパン国際ピアノフェスティバル in ドゥシニキ、ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラの本拠地であるカドガン・ホール、世界最高峰の音響として知られるヴィグモアホール (Wigmore Hall)、Fairfield Halls、シャルドニアン劇場、St.George’s Bristol、Kolarac Great Hall (ベオグラード)、Teatro Carlo Felice (ジェノバ)、紀尾井ホール、いずみホール 他、ピアノソロリサイタルまた室内楽コンサートを開催、好評を博した。ソリストとしては、大阪センチュリー交響楽団(指揮: 川瀬賢太郎 / 指揮: ケン・シェ)、オーケストラ・ムジカ・チェレステ(指揮: 篠崎靖男)、オリオン交響楽団 (指揮: Toby Purser) 、クランブルック交響楽団、ブーシー交響楽団 (指揮: George Vass) 他と共演。その演奏は、クラシックFM、米国CNN、英国放送協会BBC TV 1、BBC Radio 3、マルタテレビPBS、セルビア国営テレビRTSでも放映され反響を呼んでいる。2011年、NATプロデュースによるデビュー・アルバム『Pilgrimage-ピアノと歩む巡礼の旅』、2016年にはセカンド・アルバム『Ailes d’amour・愛の翼』をリリース。また現代音楽の世界初演の舞台も数多く、ルウェリン•アプ•ミルディンのピアノ曲の世界初演はBBC Radio3ブロードキャストで人気を集め、WW Recordsプロデュースによる、斬新なシングル『SAKURA』『WW 2.0』『PRELUDES』がリリースされた。

 

2014年、European Commission (欧州委員会) より、英国代表文化大使に推薦。2016年、Steinway & Sons社が開発した最新ピアノ・iPadで制御された自動演奏システム “SPIRIO” のレコーディング・アーティストとして契約。同年、東京国際ピアノ協会(TIPA) の芸術監督に就任。2017年、ニューヨークのカーネギー・ホールにてデビュー。

 

2018年、英国王立音楽大学より『RCM名誉代表』と認定される。 最近では、欧米で人気のスタイル雑誌『Steinway Magazine』『We Believe In Beauty』『WANNABE』の特集インタビュー、国際女性デーには ‘UN WOMEN’ 推薦雑誌『Opinion Leader』の特集モデルに取り上げられ表紙を飾る。